花の慶次199

2023.12.04

おおいたマルシェへ参加しました by大分県拠点

by九州農政局

11月11日(土)、大分市が地産地消(xiao)を推進するために毎年開催(cui)している「おおいたマルシェ」に大分県拠点ブースを設(she)置、農業女子プロジェクトメンバーもマルシェ出店(dian)しました。



ブースではみどりの食料システム戦略の周知と農業女子プロジェクトのPRを図りました。
10月13日(ri)(金)に開催した、大分(fen)(fen)県農(nong)業女(nv)子プロジェクトメンバーの情報交換会で、「メンバーでイベントに参(can)加したい!」との意(yi)見を受(shou)け、大分(fen)(fen)市内のメンバーを中心に青果物・加工品の販売を行(xing)いました。
農(nong)薬・化学肥料を使わない栽培に取り組むプロジェクトメンバーもいて、環境に配(pei)慮した農(nong)産物についてもPRしました。


お天気もよく、ステージにも近い好位置で、ベリーツ揚げパンの甘いかおりやピーマン詰め放題のお楽しみも準備したことでたくさんの方にお越しいただきました。直接お客さんと農産物の話もでき、楽しい一日となりました。

<きっかけとなった大分県(xian)内の農(nong)業女(nv)子(zi)PJメンバー情報(bao)交換(huan)会の様(yang)子(zi)>

コロナ禍で延期(qi)となって以来、約2年ぶりに県内メンバーが集まり、交(jiao)流や近況報告などを行う情報交(jiao)換会(hui)を、対面とオンラインのハイブリッド方式で開催しました。

久しぶりの再会や新たなメンバーとの出会いもあり、和気あいあいとした雰囲気の中、「大分の農業を盛り上げたい!」「みんなで活動したい!」との意見が出され、今後は大分農業女子としてイベントや勉強会などの活動に取り組む機運が高まった、このタイミングで大分市からイベントへの出展依頼があり、農業女子PJとして挑戦してみることになりました。
忙しい合間を縫って、出展に向けた打合せも行い、提供できる農産物やレイアウト、会計方法など具体的な話をすることで、イベントへのワクワク感が大きくなっていきました。

次(ci)回に繋(xi)げられるよう、マルシェ参加での良(liang)かった点や反(fan)省点をみんなで検討して、大分県(xian)内の農業女子(zi)PJとして取り組める活動を模索していきたいです。

 

関連する記事

最新の記事

おすすめ記事RECOMMEND

アーカイブARCHIVE