花の慶次199

2023.09.29

東海地域発「“野菜の色”であなたの(町の)ブランドを作ろう!プロジェクト」現地研修会を開催しました!

by東海農政局

「チーム“はぐくみ”」の活動を展開する東(dong)京農業(ye)大学は、令和(he)5年9月20日(水(shui))に、農業(ye)女子PJメンバー、山原裕美(mei)さんのさくらベリーズガーデン(三重県四日市市)において、「“野菜の色”であなたの(町の)ブランドを作ろう!プロジェクト」の現地研(yan)修会を開催しました。

本プロジェクトは、農(nong)作物の端材から天然染料を抽(chou)出し、農(nong)業女子(zi)それぞれのオリジナルカラーで染色(se)したファッションアイテムを開発するもので、東京農(nong)業大(da)学(xue)の学(xue)生と農(nong)業女子(zi)PJメンバーが参(can)加、4月から3回のオンラインミーティングを行い、今回初めての対面での活動を実(shi)施(shi)しました。

当日は、東(dong)京農(nong)(nong)業(ye)大学(xue)の学(xue)生6名、東(dong)海(hai)地域の農(nong)(nong)業(ye)女子PJメンバー3名、名古(gu)屋(wu)市(shi)にある繊維(wei)専(zhuan)門商社(瀧(long)定名古(gu)屋(wu)株(zhu)式会社)、東(dong)海(hai)農(nong)(nong)政局が参(can)加しました。

山原さんは露地野(ye)菜6ha、ブルーベリーの観光(guang)農(nong)園を50a管理され、学生は、品種や栽培(pei)、集(ji)客などについて説明を受けた後、ほ場(chang)見学を行いました。また、農(nong)業(ye)現場(chang)の実態を踏まえ、学生や参加者(zhe)とで6次産業(ye)化(hua)、SNSの活用や労働力の確保(bao)などについて意見交換(huan)をしました。

農業女子PJメンバーの山原さんからブルーベリー園の紹(shao)介をいただきました

続いて、農業女子PJメンバー4名の端材から色素を抽出して、染色体験を行いました。
予想とは違う色(se)(se)(se)(se)に染(ran)色(se)(se)(se)(se)されたという声が多く聞かれましたが、メンバーは「出(chu)た色(se)(se)(se)(se)が素材そのものの色(se)(se)(se)(se)だと思(si)う。この色(se)(se)(se)(se)で自らのブランディングを検討(tao)したい。」と、今回の体(ti)験(yan)を通じて出(chu)た色(se)(se)(se)(se)を好意的に受け入(ru)れていました。

本(ben)プロジェクトもいよいよ終盤となりますが、今回得(de)た学びや気づきを活(huo)かして、どのようなファッションアイテムが開発されるかとても楽(le)しみです!

関連する記事

最新の記事

おすすめ記事RECOMMEND

アーカイブARCHIVE