花の慶次199

2023.08.10

山形大学農学部とやまがた農業女子ネットワーク、渡邉女性活躍推進室長、全国農協観光協会との意見交換会を開催しました!

by山形大学

山形大学(xue)農(nong)学(xue)部(bu)とやまがた農(nong)業女子ネットワーク、渡(du)邉(bian)女性(xing)活躍推進(jin)室長(chang)、全国農(nong)協観(guan)光協会との意見交換(huan)会を開催しました!

2023年6月(yue)19日(ri)(月(yue))、山形(xing)(xing)大(da)学農(nong)学部鶴岡キャンパス(山形(xing)(xing)県鶴岡市)にて、農(nong)業女子(zi)プロジェクト チーム“はぐくみ”の活動の一環により、山形(xing)(xing)大(da)学農(nong)学部アグリサイエンスコースの学生60名(ming)と農(nong)業女子(zi)プロジェクトによる意見(jian)交換会を開催しました。

Zoomを活用して、はじめに、農林水産省経営局就農・女性課の渡邉桃代女性活躍推進室長から農業の担い手の確保の様々な施策や女性農業者の活躍推進について丁寧に講演いただきました。
次に一般社団法人全国農協観光協会の平川萌々子氏より、全国農協観光協会の紹介や都市農村交流事業の取り組み、農業女子と都市部の女性をつなぐ取り組みについて紹介いただきました。
さらには、対面で、やまがた農業(ye)女子ネットワークの熊谷由美子氏(shi)、斎(zhai)藤(teng)一美氏(shi)から、やまがた農業(ye)女子ネットワークの発足の背景や、地(di)区(qu)毎の活動報告をいただきました。その後(hou)、学生からの質問を受(shou)けながら、活発な意(yi)見交換(huan)会を実(shi)施しました。

これらの意見交換を受けて、「農村に若者・女性を集めるために」というテーマで、学生にはグループディスカッションを実施してもらいました。
グループディスカッションでは、
・お金を稼ぐだけでは長期的なモチベーションにならないかも知れない。人とのつながりがモチベーションにつながると思う。
・地域のネットワークに参加してもらう。農機具をみんなで購入してサブスク化を検討する。
・農(nong)(nong)(nong)作(zuo)(zuo)物(wu)(wu)(wu)体験とセットにし、農(nong)(nong)(nong)作(zuo)(zuo)物(wu)(wu)(wu)のお礼に農(nong)(nong)(nong)作(zuo)(zuo)物(wu)(wu)(wu)を渡し、特(te)産品を食(shi)べてもらう。農(nong)(nong)(nong)作(zuo)(zuo)物(wu)(wu)(wu)体験とセットにし、農(nong)(nong)(nong)作(zuo)(zuo)物(wu)(wu)(wu)のお礼に農(nong)(nong)(nong)作(zuo)(zuo)物(wu)(wu)(wu)を渡し、特(te)産品を食(shi)べてもらう。

などの意見がありました。
後日、グループディスカッションから生まれた学生の考えや感想は参加者に共有されています。

◆ 山形大学農学部の記事はこちら↓

関連する記事

最新の記事