花の慶次199

2023.07.31

農業女子プロジェクトメンバーと東海農政局長が食料・農村・農業基本法の見直しについて意見交換会を開催しました

by東海農政局

令(ling)和5年(nian)5月25日(木)、東(dong)海(hai)農政局において、東(dong)海(hai)地域の農業(ye)女子(zi)PJメンバーと東(dong)海(hai)農政局長(chang)が「食(shi)料・農業(ye)・農村基本法の見直し」について意見交換会を開催しました。

農林水(shui)産(chan)省では、食料・農業・農村(cun)基本法について、制定から約(yue)20年が経過し、国内市(shi)場の縮小、生産(chan)者の減少・高(gao)齢(ling)化(hua)、食料安(an)全保障(zhang)上のリスクの高(gao)まり、海外の市(shi)場拡大などの変(bian)化(hua)に対(dui)応するため、法改(gai)正を見(jian)据(ju)えた総合的な検証・見(jian)直しを行っています。

このため、東海地域で農(nong)業(ye)(ye)女子(zi)として活発な活動(dong)をされている、岐阜県の辻さん、愛知県の伊藤(teng)さん、佐藤(teng)さん、杉(shan)山さん、中村さん、彦(yan)坂さん、三重県の吉川さんの7名から、ご自身の農(nong)業(ye)(ye)経(jing)営の概(gai)要、農(nong)業(ye)(ye)への思い、農(nong)業(ye)(ye)女子(zi)としての活動(dong)について説(shuo)明をいただき、女性の視点から「食料・農(nong)業(ye)(ye)・農(nong)村基本法(fa)の見(jian)直(zhi)し」について意見(jian)交換を行いました。

農(nong)業女子(zi)PJの各メンバーから農(nong)業経営の概(gai)要、農(nong)業女子(zi)としての活(huo)動(dong)等(deng)を説明

主な意見としては、
・人件費など経費が高騰しても農産物価格に転嫁できないこと
・農業分野の女性登用について地域の理解が不十分であること
・マーケティング意識に対する変革の促進
・農作業中のトイレ利用など、女性が働きやすい環境の整備が必要
などが出され、活発(fa)な意見交換となりました。

農業女子PJメンバーと東海農政(zheng)局長が活発(fa)に意(yi)見交換


東海(hai)農政局(ju)では、今(jin)後(hou)も農業(ye)女子の意見(jian)を踏まえ、東海(hai)地域の農業(ye)女子PJメンバーの活動を支援していきます。

関連する記事

最新の記事

おすすめ記事RECOMMEND

アーカイブARCHIVE